2019年4月2日(火)   現場レポート

【岐阜市 K様邸】住居スペースのリノベーション〜エレベーターのある暮らし〜

健康を、ずっと。安心を、もっと。

 

TKハウスの小森です。

 

 

昨日、新元号が『令和(れいわ)』と発表されましたね。

最初に文字だけで見た時は「りょうわ」と読むのかなと思ってしまいましたが、そうすると「昭和(しょうわ)」と似ているので、聞き間違いにつながるかもしれないですよね(汗)。

5月1日以降に生まれてくる子どもたちは、『平成っ子(へいせいっこ)』のように『令和っ子(れいわっこ)』と呼ばれるのでしょうか…

…慣れるまでには、まだ少しかかりそうですσ(^◇^;)

 

新元号の発表で忘れてしまっていましたが、昨日4月1日は『エイプリルフール』でもありましたね。

以前どなたかから言われた覚えがあるのですが、「エイプリルフールで嘘をついてもいいのは“午前中”だけ」って、本当ですか?:(;゙゚’ω゚’):

 

 

−閑話休題−

 

さて本日は、岐阜県岐阜市のK様邸にて行なったリノベーション工事につきまして、現場レポートの続編・最終回をお届けしたいと思います!!

最終回では、これまでポイント的にお伝えしてまいりましたホームエレベーターをはじめ住居スペースが如何に“より暮らしやすい住まい”へと変身したのか、完成後のアフター写真を中心にまとめてご紹介いたします!!

 

玄関から住居スペース内部へと足を進めていきますと、さっそく件のホームエレベーターがお目見えです(*゚▽゚)ノ

まだ養生を外す前の状態ですが、白・モノトーンを基調に木の雰囲気をプラスして、スッキリとした中にもやさしい印象を持つナチュラルモダンな内装へ。

玄関土間には、荷物を置いたり靴を履くときにも便利な[造作ベンチ]を設置。

ちょっとしたやさしさが所々に見られる玄関となりました!

 

ホームエレベーターと並んで、中々に急勾配ではあるもののクッション性を高める等少しでも上り下りが楽にできるように工夫を施した階段も、生活の要となる2・3階へと続きます(*゚▽゚)ノ

奥には、その階のホームエレベーター口が見えてますね。

ホームエレベーターが設置されたことによって、1階・2階・3階への往き来の手段をその時その時にご自身で選択していただけるようになりました!

ここから、少しでも“ゆとりのある暮らし”へつながると良いなと想います(*´︶`*)

 

今回のリノベーション工事をするにあたって残した和室は、建具や畳を一新(*゚▽゚)ノ

↓ 和室

以前は1階にあったキッチンとお風呂、その他の水まわりも合わせて一新しました(*゚▽゚)ノ

↓ キッチン

キッチンでは、元々壁だった部分をヘコませて、ちょっとした収納や飾りに使える[ニッチ棚]に。

↓ お風呂場

↓ 各階トイレ

壁に[アクセントカラー]を採り入れることで、清潔感はそのままに雰囲気には変化をつけています。

↓ 手洗い場

↓ 洗面・ランドリースペース

できるだけ収納はたっぷりと余裕を持った造りにするなど、それぞれの場所において、“使い勝手のクラスアップ”を一番に心がけました!

 

こちらのK様邸では、特にホームエレベーターという新しい暮らしのツールを導入するリフォーム&リノベーションのカタチを採ることで、より良い住まい・より良い暮らしの実現へとつながったと考えています。

住まいのリフォーム&リノベーションを行なう際に大切なことは、「お家をより暮らしやすいものにするためには」ということをじっくりと考えて、ご自宅ならではの生活でお困りのこと・暮らしで望まれるものを中心に、一つ一つ解決する方法を見つけていくことだと思います。

その方法を見つける手段として、リフォーム&リノベーションだけでなく新築など家づくりを行なう際は、少しでも気になることがあれば、小さなことであってもご相談いただければと想います。

一緒にそのお家ならではのリフォーム&リノベーション・そのご家庭ならではの家づくりのカタチを探して、豊かな暮らしの答えをつくっていきたいと想っております(^-^)

 

 

閲覧ありがとうございましたm(_ _)m