2019年4月26日(金)   現場レポート

【江南市 K様邸】古家の解体〜解体工事の進め方〜

健康を、ずっと。安心を、もっと。

 

TKハウスの小森です。

 

 

『平成』も残り数日となりましたね。

 

こうした節目の時というのは、後々思い出すことも多いのではないかと思われます( ˘ω˘ )

それこそ、その節目の時期に行なった家づくりは、より一層心に残るものとなることでしょう。

そうとなれば!今目の前にある家づくりと一生懸命に向き合うことで、お客様の思い出としても、少しでも良いものを!!

あと少しの『平成』も、これから始まる『令和』も、目指すところ・頑張ることに変わりはありませんが、ただそういった想いもまた力に変えて、良い家・良い思い出・良い未来をつくる励みとしていきたいと思いますp(^_^)q

 

 

さて本日は、現在も進行形で新築一戸建てのお家づくりが進んでおります江南市のK様邸につきまして、順を追っての現場レポートをお届けしていきたいと思います!!

今回お届けする内容は、建て替えの場合に必要となる古家の[解体工事]になります。

作業自体は少し前、以前の現場レポートでご紹介いたしました『古家解体祓い』も無事執り行なわれ、建物への感謝の気持ちと共にお清め祓いと工事の安全を祈願した後、天気も良く風のない日に行なうことができました☀︎

 

まずは、[手作業による撤去]から行なっていきます。

いきなり重機による解体を行なうのではなく、サッシなどの建具や畳・断熱材・石膏ボードといったリサイクル処分が可能なものは、手作業で分別しながら外して撤去しておきますo(・_・= ・_・)o

 

ホコリが出るのを抑えるため、足場を組み、『養生シート』で建物の周りを囲んでから、いよいよ建物本体の[重機による解体作業]に入ります。

解体用重機『ユンボ』、謂わゆるパワーショベルでも分別を行ないながら解体を進めていきます。

この際、ホコリができるだけ飛ばないように、水をまきながら作業を行ないます(。・ω・)σ・゚゚・。

ご近所様方への配慮は、今までもこれからもこの場所で暮らしていかれるお施主様のことを考えると、一番気を付けなければいけないことですので、「少しでもご迷惑にならないように」と心がけております。

 

建物本体の解体が完了したところで、敷地内の[整地作業]と併せて、残材の整理・搬出、仮設材の撤去、道路清掃など[片付け&最終確認作業]を行ないます。

土・木・瓦・コンクリート等々、最終的に処分のために持っていくところが違うので、それぞれダンプで運んでいきますε=ε=(o ・ω・)o

手作業・重機による作業、どちらでも意識して分別を行なうことで、リサイクルの観念から環境への配慮も心がけております。

解体した残材の破片などが落ちていないか、特に敷地境界線付近の安全確認をしっかりと行なって、解体工事完了となります(^ー^)b☆

 

ここから、また新たなK様邸が形づくられていきます。

今後もこちらのブログにて、タイムラグはあるかもしれませんが、順を追って工事の進捗状況を【現場レポート】としてお伝えしていきたいと思います!!

 

 

来月の5月11日(土)・12日(日)には、同じ江南市でTKハウスが建築中の「−夏涼しく冬暖かい−ダブル外断熱の家」にて、二日間限りの構造見学会の開催を予定しております☆

自然素材のお家・断熱について本気出して考えてみたお家にご興味をお持ちの方、普段では中々見ることのできないお家の“構造”部分をこの機会に是非見学してみませんか?

 

詳しくは、ブログ【イベントのご案内】をご確認くださいませ(๑ᴖ人ᴖ๑)

<「−夏涼しく冬暖かい−ダブル外断熱の家」構造見学会のイベント情報はこちら!>

⇒5月11日(土)・12日(日)江南市 構造見学会☆さきがけイベント情報

※近日中に、上記リンク記事でお届けしました情報から大きな変更などはございませんが、ご予約プレゼントの詳細を含めたイベントのご案内を再度こちらのブログにて更新させていただく予定です。

 

住まわれるご家族の健康を、ずっと守ってくれるお家づくり。

お客様の安心を、もっと高めるお家づくり。

TKハウス・スタッフ一同、心よりお待ちいたしております。

 

 

閲覧ありがとうございましたm(_ _)m