2019年7月24日(水)

名古屋で注文住宅を考えている方必見!ユーティリティルームの目的を紹介!

「注文住宅を建てようと考えているけど、ユーティリティルームの特徴を知りたい!」
「ユーティリティルームって必要なのかな?」

このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

注文住宅は、一生もののお買い物と言っても過言ではありません。
だからこそ、自分や家族にとって完璧な間取りやデザインの家にしたいものですよね。

今回は、ユーティリティルームの使用目的をご紹介します!

 

□ユーティリティルームとは

ユーティリティルームとは、家事をする部屋のことを指します。
洗面所や台所の近くに配置されることが多く、そのあたりで行われる家事をこなす部屋として使われます。

 

□ユーティリティルームの使用目的

*室内で洗濯物を干す

室内で洗濯物を干すなら洗面所やリビングでもいいのではないか、と思われる方もいるかもしれません。
しかし、日常生活で多く行く場所にたくさんの洗濯物が干してある光景を想像してみてください。
部屋は狭く感じますし、時には来客があっていつもの場所に干せない、なんてことも十分あり得ますよね。

そんな心配をなくすために、ユーティリティルームを活用しましょう。
邪魔に感じることも少なく、お客様が入ることがない部屋なので安心して干すことができます。

ユーティリティルームをこのような目的で使用しようと考えている方は、ワイヤーを取り付けることをオススメします。
常に物干し竿がある状況を回避できるので、室内で干す必要がないときは別の使い方ができます。

 

*収納スペース

ユーティリティルームに棚を設置すると、タオルなどを置くことができる収納スペースが誕生します。
棚は設置してもらうこともできますが、コスト面を考えると自分で棚を取り付けるか、簡易な棚を買ってくる方がいいでしょう。

 

*洗濯物をたたむ、アイロンをかける

ユーティリティルームにアイロン台やテーブルを設置することで、アイロンをかけたり、洗濯物をたたんだりできます。
同じフロアでこれらができると効率もよくなりますよね。

 

□まとめ

・室内で洗濯物を干す場所として使用する
・収納スペースとして使用する
・洗濯物をたたんだりアイロンをかけたり衣類に関する家事をする場所として使用する

以上が、ユーティリティルームの使用目的です。
ユーティリティルームを使用することで、家事の効率は大幅にあげることができるでしょう。
注文住宅の購入を予定している方は、ぜひユーティリティルームを検討してみてくださいね。

何か分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。