2019年9月23日(月)

名古屋で注文住宅を建てるなら?壁紙で失敗しないためには

「注文住宅を建てることを考えているが、壁紙をどのようにしたらいいかわからない。」
注文住宅を建てる上で、壁紙をどのようなものにするか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
家を建てることは人生におけるビッグイベントの1つですし、絶対に失敗したくないですよね。
壁紙の選択は家の内観や生活の快適さに大きな影響を与えます。
そこで今回は、注文住宅を考えている方必見の壁紙で失敗しないためのポイントについて解説します。

 

□壁紙選びのポイント

 

壁紙は家の内観や機能において重要な役割を持ちます。
以下に、壁紙を選ぶ上で気を付けるべきポイントを3点示します。

 

*希望の雰囲気に合わせる

 

壁紙は内観の一部です。
その空間で理想とする雰囲気に合った壁紙を選択しなければ、ほかのインテリアなどと調和がとれず統一感のない空間になってしまいます。
壁紙単体で選んでしまうと、調和がとれずその空間で浮いた存在になってしまいます。
例えば、家具やドアなどは白や黒のスタイリッシュな空間なのに、壁が明るいピンク色だとスタイリッシュな雰囲気が台無しですよね。
まずは、どのような雰囲気の空間にしたいのかをはっきりさせ、その上で雰囲気に応じた壁紙を選択するようにしましょう。

 

*色合いを合わせる

 

壁紙は空間の雰囲気を決定する重要な要素です。
色によって人に与える影響が異なることを認識する必要があります。
例えば、白など明るい色合いは活動的な印象、逆に寒色系の青などは落ち着いた印象を与えてくれます。
寝室など落ち着きが求められるような空間では、明るすぎない暗めの色合いにするといった感じです。
どのような空間にしたいのか、使用目的は何なのかを考えて、壁紙の色合いを選ぶ必要があります。

 

*機能面

 

壁紙は内観の一部であり、その見た目はとても重要ですが、それ以外にも役割はあります。
壁紙は部屋をきれいに保つ働きも兼ね備えています。
汚れに強いもの、ぶつかった、すった時などの傷に強いものなど、様々な効果を持つものがあります。
例えば、キッチンや風呂場などの水回りでは、水垢に強い機能性壁紙がおすすめです。
その場所の使用目的や予想される汚れなどを考慮して壁紙を選択する必要があります。

 

□まとめ

 

以上、注文住宅を建てるとき、壁紙で失敗しないためのポイントについて解説しました。
今回の記事を参考に、壁紙の選択について検討してみてください。
また、当社にはこれらに詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か気になることがあれば、ぜひお問い合わせください。