2019年10月2日(水)

名古屋で注文住宅を建てるなら?諸費用のうち住宅ローン関連について解説!

「注文住宅を建てるときに必要な、住宅ローンについて詳しく知りたい。」
注文住宅を考えたとき、その費用が気になりますよね。
必要な費用には様々なものがありますが、家づくりのかかる諸費用のうち多くの方に関わるものとして、住宅ローンの利用についての費用が挙げられると思います。
家を建てることは非常に高額の買い物ですし、その金額から考えても、ほとんどの方が住宅ローンを利用した資金計画を立てられていることと思います。
では、住宅ローンを利用するにあたってかかる費用にはどんなものがあるのでしょうか?
そこで今回は、注文住宅を考えている方必見の住宅ローンに関わる費用について解説します。

 

□住宅ローンとは

 

住宅ローンを利用する際に必要となる金額は、それに伴ういくつかの諸費用や手数料の合計で決まります。
以下に、住宅ローンに関わる費用の内訳を示します。

 

*融資事務手数料

 

住宅ローンを借りるときに、金融機関に対して契約の手数料として払う費用です。
3~5万円が相場と言われています。
しかし、中には融資金額の2.16%を融資事務手数料とする場合もあります。
保証会社手数料ということもあります。

 

*ローン保証料

 

何らかの理由によってローンの返済が滞ってしまった場合に保証会社に補填してもらうための費用です。
この場合、返済が終了するのではなく、返済する対象が金融機関から保証会社に変更されることになります。
金額は場合によって様々であり、融資金額1000万円あたり数十万円の場合や、金利に数%上乗せする場合、あるいは保証料がない場合もあります。
後述の、団体信用生命保険料とは全くの別物です。

 

*団体信用生命保険料

 

融資を受けた人が亡くなってしまったり、障害状態になったことによって返済が不可能になってしまったりした場合に備えて加入するものです。
上記ローン保証料とは異なり、団体信用生命保険料は保証による借金返済の後、遺族らに別途返済が課せられることはありません。
保証とは異なり、団体信用生命保険料は加入が義務付けられています。
元々病気を有している方など一般の保険に加入できない方向けに特別なプランも用意されています。

 

*印紙税

 

契約において必要となる契約書類にかかる費用です。
融資金額によって金額が変動します。

 

*登記費用

 

住宅ローンを借りた場合、抵当権設定登記を行う必要があります。
その後、ローンの返済が完了すると抹消登記をする必要があります。
これらの登記にかかる費用が登記費用です。

 

□まとめ

 

以上、注文住宅を建てるときの住宅ローンについて解説しました。
今回の記事を参考に、住宅ローンについて検討してみてください。
また、当社ではこれらの保険や諸費用をすべて含めて見積もりを行なっています。
何か気になることがあれば、ぜひご相談ください。