2019年8月9日(金)

名古屋で注文住宅を検討している方へ!害虫対策について解説します!

「名古屋市で注文住宅を検討している」
「害虫が嫌いで害虫対策を知りたい」
害虫を家の中で見たくないという方は多いです。
難しそうな害虫対策ですが、基本的なことを押さえると、意外と簡単だとご存知でしたか?
そこで今回は害虫対策についてご紹介します。

□発生源の駆除

まずは、害虫の代表例の蚊についての対策を紹介します。
実は、蚊の成虫を駆除するだけでは不十分で、その発生源を駆除する必要があります。
蚊は水の中に卵を生み、それが孵化することで繁殖します。
そのため、成虫を家に侵入させないようにすることも重要ですが、蚊が繁殖することを防ぐことも必要です。
繁殖を防ぐには、庭に放置されたじょうろなどは必ず片付け、家の周りで水が溜まっていることがないようにしましょう。

□害虫の好物をなくす

ゴキブリやコバエなどの害虫は湿度の高いところや、汚れたところ、生ゴミを好みます。
また、フケや小さなゴミを食べる害虫もいます。
そのため、家を綺麗に保てるように日々の掃除を徹底して行うことが大切です。
また、ゴミ箱を定期的に洗ったり、生ゴミはそのまま捨てず、袋に入れたり、口を縛ってから捨てたりすることは効果的です。

□室内への侵入を防ぐ

すぐにできる対策として、窓をなるべく開けないようにすることや、害虫が侵入するかもしれない隙間を埋めることがあります。
換気扇や、エアコンの換気ダクトにある隙間は埋めてしまうか、待ち受けるタイプの殺虫剤を設置するのはいかかでしょうか。
窓を開けたい方は網戸を見直してみましょう。
網戸の目には様々なサイズがあり、通常サイズでは小さなコバエなどの害虫の侵入は防げないです。
そのため、通常よりも目が細かいものがおすすめです。

□虫が近よらなくなる工夫

ゴキブリなどの害虫はベランダに侵入することもあり、虫よけ効果のあるハーブをベランダに置いておくと良いでしょう。
そのように対策しても、小さな隙間から室内に侵入することもあるので、ゴキブリなどの害虫を一匹でも見つけたら、置き餌タイプの殺虫剤を置くことをおすすめします。
置き餌タイプの殺虫剤は、その個体だけでなく、卵や巣までも駆除でき、根本的な害虫の駆除が可能です。

□まとめ

今回は害虫対策を紹介しました。
分かりにくそうな害虫対策も、意外と簡単だと思われたのではないでしょうか。
家は何十年と住み続けるものです。
だからこそ、住んでからもっともっと好きになっていく家を当社は目指します。
ご相談がありましたら、ぜひお問い合わせください。