2019年8月26日(月)

名古屋で注文住宅を検討している方必見!ダブル外断熱の期待できる効果を解説します!

「注文住宅で家を建てたいと思っている」
「ダブル外断熱について詳しく知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
断熱は家を建てる際に重要なポイントです。
外断熱について知っておくと、断熱に関する失敗を避けられるかもしれません。
そこで今回は、ダブル外断熱について詳しく解説します。

□ダブル外断熱とは?

ダブル外断熱とは、名前の通り内断熱材と外断熱材の二つを同時に使って断熱する方法です。
内断熱材にはファイバーエースという素材がよく使われ、外断熱材にはフォルテという素材がよく使われます。
今までは家を建てる際に、外断熱を組み込むのか、内断熱を組み込むのかを決めていました。
しかし、近年は両方一緒に使って施工することでお互いのメリットやデメリットを補えると考えられ、理想の断熱に最も近い手段だと言われています。

□期待できる効果は?

*結露防止

ファイバーエースに代表される内断熱材は様々な効果を持ち合わせています。
まずは、家の結露を防止してくれます。
ファイバーエースは新聞紙からできている素材なので、部屋の水分の吸収と排出をしてくれます。
その結果、部屋の湿度が保たれて結露になる可能性がかなり低くなります。
結露を防止することによって家の耐久度が上がり長い間家を使えます。

*防音性

結露を防止する効果の他にも、音を吸収する効果を持っています。
ファイバーエースは密度の高い無数の穴が並んでいる構造でできているため、高い吸音性があります。
また、住宅だけではなく、アメリカでは空港周辺の建物にも使用されています。
そのため、小さい子供がいる家庭では家の中の騒音によるトラブルが起きやすいですが、ファイバーエースを使用することで騒音を軽減でき、安心して暮らせます。

*外断熱材が持つ効果

フォルテのような外断熱材は、外の温度の変化によって部屋の中の温度が変わらないように断熱してくれます。
温度が変わらないので、家の中でエアコンをたくさん使わなくても済みますし、省エネにもなります。
また、素材自体が高い弾力性を持っており、ひび割れする可能性が少ないので、地震といった外部要因から家を守ってくれます。

□まとめ

今回はダブル外断熱について解説しました。
内断熱材と外断熱材を両方組み込むことによって、断熱以外の効果も期待できます。
素材によって期待される効果も変わりますので、それぞれの要望に合わせて素材選びをしましょう。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。