2019年9月27日(金)

名古屋で注文住宅建てるなら?照明で失敗しないためには

「注文住宅を建てるとき、照明はどのように選んだらいいんだろう?」
家を建てることは人生におけるビッグイベントの1つですし、絶対に失敗したくないですよね。
注文住宅で気にすべきポイントはたくさんありますが、照明もその一つです。
照明なんて明るければいいでしょと思う方もいるかもしれませんが、照明1つで部屋の雰囲気ががらりと変わるほど、照明は重要な要素です。
そこで今回は、注文住宅を建てる方向けに照明選びで失敗しないためのポイントについて解説します。

 

□どのように照明を選ぶべきか

 

照明が室内の明るさを調整する役割を持つことは言うまでもありませんが、照明の働きはそれだけではありません。
内観の一部として、オシャレ空間の演出の役割も担うなどいろいろな働きがあります。
それらを考慮してどのような照明を選ぶべきか、そのポイントを以下に3点示します。

 

*求める明るさを実現できるか

 

先にも述べたように、照明は室内の明るさを調整する役割を持ちます。
各部屋の使用目的によって、求める部屋の明るさは変わってきます。
例えば、リビングは家族団らんのリラックスできるスペースとして利用するために明るい空間にしたり、寝室は落ち着くために少し暗めの空間にしたりするという感じです。
照明によっては、隅々まで均等に光を散乱させることができず、同じ部屋の中でも明るさの異なる場所ができることもあります。
リビングのようなリラックスする空間において、明るさのムラはできるだけ無い方が良いといった意見もございます。
部屋の用途、目的に応じて適切な明るさを供給できる照明を選択しましょう。

 

*光の色合い

 

光には様々な色があります。
よく見られるのものとして、明るい白色光や黄色っぽい暖色光などがあります。
白色光は明るく、部屋の隅々まで光を届けることができ、暖色光は落ち着いた雰囲気を創り出してくれます。
日中活動するような空間は白色光、寝室などゆっくりする空間は暖色光など目的に応じた色合いの光を選択しましょう。

 

*内観にマッチしているか

 

照明も室内におけるインテリアの1つにカウントされます。
壁やインテリアなど周りのものと調和するような形の照明を選択することで、オシャレな空間にできます。

 

□まとめ

 

以上、注文住宅における照明選びで失敗しないためのポイントについて解説しました。
今回の記事を参考に、どのような照明を選ぶか検討してみてください。
また、当社にはこれらに詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か気になることがあれば、ぜひご相談ください。