2019年9月18日(水)

名古屋で注文住宅建てるなら?間取りで失敗しないためには

「注文住宅を建てようと思っているけど、間取りをどうしたらいいかわからない。」
注文住宅を建てるとき、間取りに悩む方は多いのではないでしょうか?
間取りは家の構造を決定する重要なポイントであり、注文住宅を建てる上で最も大事な要素といっても過言ではありません。
間取り次第で家での生活が快適になったりあるいは窮屈な生活しにくい空間になったりするかが決まります。
家を建てることは人生におけるビッグイベントの1つですし、絶対に失敗したくないですよね。
そこで今回は、注文住宅を考えている方必見の間取りで失敗しないためのポイントについて解説します。

 

□間取りで気を付けるべきこと

 

先にも述べたように、間取りは注文住宅を建てる上で非常に重要なポイントです。
間取りの失敗は注文住宅の建設そのものの失敗につながります。
以下に、間取りで失敗しないためのポイントを2点示します。

 

*コンセントの配置

 

コンセントは配線によって設置できる場所が変わります。
間取りによって家全体の配線が大きく変わるため、間取りとコンセントは大きく関わっています。
今や生活において電化製品はなくてはならない存在であり、電化製品に電気を供給するコンセントもなくてはならない存在です。
つまり、間取りを考える上で、コンセントを必要な場所に必要なだけ配置できるかどうかを考える必要があります。

 

*各部屋のバランス

 

部屋は広いほうが快適と思う方もいるかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。
たしかに、リビングなど頻繁に使用する空間は、広いほうが同じ空間内でも自分のスペースが確保できて快適かもしれません。
しかし、部屋が広いということはエアコンなどが効きにくく、温度管理が難しいということであり、結果として過ごしにくい空間になってしまうかもしれません。
また、生活空間ばかり優先して広くしてしまうと、玄関が狭くなってしまい、靴などの収納スペースがなくなるということも考えられます。
一方で、狭すぎると温度管理は容易ですが、スペースがない分収納が難しく窮屈な印象を持ってしまい、快適ではなくなるかもしれません。
また、物が入る量が限られているため、室内でできることも限られてしまいます。
温度管理やほかの空間とのバランス、部屋の使用目的を考慮し、適切な広さはどの程度かを考えた上で間取りを決める必要があります。

 

□まとめ

 

以上、注文住宅を建てるとき、間取りで失敗しないためのポイントについて解説しました。
今回の記事を参考に、間取り設計を検討してみてください。
また、当社にはこれらに詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か気になることがあれば、ぜひお問い合わせください。